EVENTイベント

Perfect ( refle & prote) action

装い(ファッション)をきっかけに空間にアプローチする、 日々変容する花唄としてのアート展。

この展覧会は、<<作家 砂原うり>>の初個展です。
美術の勉強自体は随分しっかりしてきた方ですが、作るぞ!と思って、船を漕ぎ出してからはまだ1年半ぐらい。素直な気持ちとしては、とっても。どきどき。しています。流れるようなご縁を頂戴して、不思議と実現しました。こんなこともあるんだ、という気持ちです。

今回は、”レモネード”という名前の一着のスプリングコートを始まりに、様々な「作品」たちが、OTENT HIROBAさんの素敵な空間に展開します。
パーツとしての作品たちは、詩的言語として日々変容し、タイミングをみては、リズムに合わせて移動します。これらは、まるで一つ一つの楽器のようにハーモニーを奏で、空間を彩り、心地の良い共振を行うことでしょう。ぜひ、ゆったりと、あなたも楽器になった気持ちで、空間に溶け込んでみてください。
この、柔らかでナイーブで、甘い空間においては、あなたの吐息ひとつですら、次の瞬間の輝きに変わる可能性を秘めているのです。優しく、味わって、深呼吸をしてみて。
きっと、そこで出会うのは、私とあなたが一緒に見る、初めての白昼夢(デイ・ドリーム)。

<<衣服A:レモネード>>の始まりは梶井基次郎の「檸檬」であり、七夕伝説の土地、星ヶ丘でいただいた二つの檸檬であり、また、美術学校の受験の場では誰しもが向き合った、彩度が高く、わずかな凹凸と球体という特性を備えた檸檬であり、あるいは、漫画「タッチ」の南ちゃんが作ってくれた蜂蜜漬けのレモン。レモンを絞ってに炭酸を入れて、お砂糖を入れても、黄色くはならないんだけれど、頭の中のレモネードはなぜだか黄色い色をしている。
レモネードにミントを浮かべると美味しい。そんな気持ちで、日々吉祥文様をリサーチし、刺しました。ある地域で、伝統的に「形象」にどんな意味が纏わされてきたか、知ってあげてください。
会期中にはそれぞれの作品について日々解説付きで、紹介の文書も制作する予定です。何が、どう起こるか。楽しみにしてください。ピンときたら、いっぱいきてね。

perfect <work-shops> patch !  同時開催で、奥の空間で、楽しいワークショップも!別途お知らせ。

主催

砂原うり

期間

2017/07/07(金) ~2017/07/17(月)

開催時間

七夕から海の日の間、14:00―18:00

会場

OTENT HIROBA

料金

無料

お名前 [必須]
参加イベント
お電話番号または
メールアドレス [必須]
年齢
ご質問