NEWSイベント

2020.09.02

青春画廊千北にて、展覧会「From the Youth at Senbon kitaoji」を開催します。

展覧会名 : From The Youth at Senbon kitaoji
会  期 : 2020年9月5日(土) – 11日(金)まで一般公開/9日水曜日定休
一般公開開廊時間 : 14:00 – 19:00
会  場 : 青春画廊 千北/日曜日のBar
入 場 料 : 無料
一般公開後の開廊時間
日曜日のBarの営業時間に準ずる
日曜日と月曜日:14:00 – 19:00
*臨時休業の可能性があります。日曜日のBarのホームページをご確認の上お越しください。
ーーーー
出展作家
小倉史佳 / 椿野成身 / シャンツアー・アルマ
ーーーー
 このたび青春画廊千北において、3名の若手作家によるグループ展、「From The Youth at Senbon kitaoji」を開催します。「From The Youth」は青春画廊が定期的に開催している、京都にゆかりのある若手作家を紹介する企画展です。
今回作品を出展する3名の作家はともに2020年3月に大学院を修了しました。
小倉史佳は、京都市立芸術大学大学院修士過程絵画(油画)専攻修了し、記憶の認識を探ることをテーマに絵画作品を制作しています。
 椿野成身は、京都造形芸術大学芸術学部ペインティング領域油画コースを修了し、建築をテーマに絵画作品とインスタレーション作品を制作しています。
 シャンツアー・アルマは、京都造形芸術大学大学院修士課程総合造形領域を修了し、「精神の鏡としての仮面」をテーマに、立体作品やインスタレーション作品を制作しています。
プロの作家としての歩みを始めた3名が青春画廊千北の特徴的な空間を使ってどのような表現をするのか、ぜひご高覧ください。
また、青春画廊東山において、井上七海・谷 友理子・土取郁香の3名の女性作家によるグループ展「From The Youth at Higashiyama」を同時開催します。
(青春画廊代表・林泰彦)
ーーーー
小倉史佳
画家
1995年生まれ
奈良県出身
千葉在住
2020年京都市立芸術大学大学院修士過程絵画(油画)専攻修了
2020年3月に京都市立芸術大学大学院修士過程絵画(油画)専攻修了。
記憶の認識を探ることをテーマに、現在、過去、複数の視点から記憶を断片化し、絵画として再構築して作品を作る。
2020年3月に大阪のOギャラリーeyes行った初個展では、時間とともに処理できていく父の死の記憶や、逃避的にゲームに没頭する記憶など、痛みを伴う記憶について様々な角度から絵を生み出す。
個人的な物語を絵画に接続することを強く意識し、内的な空間をオイルパステルなどを用いながら速く外部に出力し、常に変化していく自己の認識を追いかけるように絵画を制作する。
椿野成身
1995年 大阪府生まれ
京都在住
2018年 京都造形芸術大学 美術工芸学科 油画コース 卒業
2020年 京都造形芸術大学 芸術学部 ペインティング領域 油画コース 修了
「もの」がそこにあるという現実性は、何の疑いもなく感覚器官で処理されてしまう。
しかし、私たちが実際に、「もの」がそこにあるというリアリティは、自らが経験や体験を行わずとも感じるものでもある。例えば、多様なメディアを用いて世界各地を旅することも可能である時代、既視感が私たちの理解やリアリティというものの尺度なのではないだろうか。
グループ展
2020 KUAD ANNUAL 2020 フィールドワーク:世界の教科書としての現代アート / 東京都美術館
2020 ANTE ROOM NAHA
2020 YAE2020 / ユーカリオ
2019大学院 PrPROJECTS Exhibition せんのかげ展 / 京都造形芸術大学 未来館 F201
2019 From the Youth / 青春画廊千北
2019 Artist’s Tideland KYOTO / アートラウンジ@イセタンメンズ
2019 Innocent -P- / 国立京都国際会館
2019 KUAD ANNUAL 2020 フィールドワーク:世界の教科書としての現代アート プレビュー展 / 京都造形芸術大学 ギャルリ・オーブ
2018「シュレディンガーの猫」/ 東京都美術館
2018大学院 PrPROJECTS Exhibition Re:pictogram 展 / 京都造形芸術大学 未来館 F201
2017 the painting 偶然の夢想的ボーイズ/形態の有限性パレード / 京都
シャンツァー ・アルマ / アルマジロ
1991年オーストリアのウィーン出身
京都在住
2020年3月 京都造形芸術大学 大学院修士課程総合造形領域 (国費外国人留学生) 修了
2018年3月 京都文化日本語学校・京都造形芸術大学 研究生 卒業
2016年6月 ウィーン大学 東アジア学部 卒業
2014年9月 同志社大学 日本語学科 1年留学 卒業
2011年9月 Austria’s Make Up School 卒業
2011年2月 HeadQuarters Academy Vienna 卒業
1991年オーストリアのウィーン出身。2009年から2012年までウィーンにおけるヘアメイク専門学校で学び、卒業後オーストリアでメイクアップアーティストとして活動。2016年ウィーン大学の東アジア学部から卒業。2020年京都芸術大学大学院の修士課程から卒業。現在、京都芸術大学大学院の博士課程で在学中。
ヘアメイクアップアーティストとしての経験は、現在の作品にも影響を与えているのと同時に、伝統的な技法や民族文化の中からインスピレーションを見つけ出し制作に組み入れるのに魅力を感じている。アナログとデジタルの技法を組み合わせることを通し、さらに伝統と革新を結びつけて作品の中で表現してきた。現在、世界諸国の仮面、特に日本の能面は主な研究対象となっている。 仮面は、ただ顔を変身させるための道具のみならず、 無意識に潜んでいる自分の「影」を引き出すための手段として考え、「精神の鏡としての仮面」をテーマにした作品制作に取り込んでいる。
グループ展
2020年 2019年度 京都造形芸術大学終了展 未来館、京都
2019年 第三十回如山会能面展に能面作品を出展、しまだいギャラリー、京都
2019年 Fernweh/Heimweh』 国際グループ展、京都造形芸術大学のPr Room、京都
2019年 ドロン・エリアのワークショップとグループ展に出展、ギャラリーA、京都
2019年 『Fernweh/Heimweh』 国際グループ展、 Herrgottschnitzerhaus Hohe Wand 国立公園 、オーストリア 
2019年 『Spurt 2019』 京都造形芸術大学 大学院 芸術研究科芸術専攻 修士2年生  作品展、 ギャルリ・オーブ、京都
2019年 『Error エラー』 グループ展、 堀川AC Lab、京都
2018年 『HOP 2018』 京都造形芸術大学 大学院 芸術研究科芸術専攻 修士1年生  作品展、ギャルり・オーブ、京都
2018年 『感覚』 グループ展、 京都造形芸術大学のPr Room、京都
ーーーー
【青春画廊とは】
青春画廊とは、美術家ハヤシヤスヒコ(パラモデル)が2016年から運営を開始した現代美術作家を専門に扱うアーティストランの美術画廊である。
本来は美術業界に特化しつつ、日本ではまだまだ一般的ではない現代美術作品を市場に流通させる美術画廊に、宿泊施設、カフェ、食堂、バーなどの機能を付加することによって、美術にまつわる裾野を広げる活動をしている。
ハヤシが生まれた1970年代に、ニューヨークで活躍した現代美術家ゴードン・マッタ=クラークが運営していたアーティストランのレストラン「FOOD」から影響をうけ「青春画廊」の運営を開始。「青春」という言葉はニューヨークのロックバンド、「sonic youth」からの引用であるが、日本の若手作家を世界に発信するという使命を表明するために使用している。
青春画廊千北
千北:〒603-8301 京都市北区紫野北花ノ坊町1、楽只市営団地7棟101号
代表:林泰彦
連絡先:gallerytheyouth@gmail.com

2019.09.19

青春画廊千北にて、展覧会「From the Youth」を開催しています

KYOTO ART LOUNGE 2019の関連企画として、1000KITA CAFEの青春画廊において、同作家における展覧会を開催します。
8人の新進アーティストの最新作品がご覧いただけます。またアートの購入も可能です。
お近くをお通りの際はぜひお立ち寄りください。

出展作家

 岩井海音
 遠藤亜季
 加賀温
 川田知志
 清水彩瑛
 高瀬栞菜
 椿野成身
 真野綾子

2018.11.12

青春画廊千北展示#2が2018/11/17より始まります

【展覧会概要】

展覧会名青春画廊千北 exhibition 002「鬼頭健吾監修:セイシュンカタカタ」

会  期 : 20181117()から終了日不確定

一般公開:1117() : 15:30 – 17:30 ( 入場料無料 )

開廊時間

ブータン食堂チャロチャロの営業時間に準ずる

火・水・金・土曜日:ランチ11:30 – 15:30(15:00LO) , ディナー 18:00 – 22:00(21:00LO)

木曜日:ランチ11:30 – 15:30(15:00LO) , カフェタイム15:00 – 18:00(17:30LO)

日曜日のBarの営業時間に準ずる

日曜日:11:30 – 20:30(20:00LO)

*臨時休業の可能性があります。ブータン食堂チャロチャロのフェイスブックページまたは日曜日のBarのホームページをご確認の上お越しください。

: ワンフードまたはワンドリンク制 (450円から )

—-

出展作家

今西真也 / 鬼頭健吾 / 小山しおり / 松村咲希 / 大和美緒

このたび青春画廊千北では、絵画やインスタレーションの作家として国内外で活躍する、鬼頭健吾の監修のもとにグループ展を開催いたします。

第二弾となる本展「セイシュンカタカタ」では、今西真也 / 鬼頭健吾 / 小山しおり / 松村咲希 / 大和美緒の5人の作家の作品を展示いたします。

鬼頭はこの展覧会を企画するにあたり、本人の作家性からか、絵画を主体としている作家と、インスタレーションを主体としている作家を混ぜ合わせました。鬼頭の作家としての特徴の一つとして、まず絵画があり、その作品の概念を全く別の素材を使い空間に落とし込みインスタレーション作品に発展するということがあげられるでしょう。

今回の出展作家をみてみると、皆一貫した自分なりの方法論を確立している、または確立しかけている作家達が選ばれているように思えます。

今後彼らが作品をどのように発展させ、これまで積み上げて来た方法論を良い意味で「カタカタ」と揺さぶっていくのかという「キッカケ」を鬼頭はこの展覧会で作り出そうとしているのではないかということが、この「セイシュンカタカタ」という奇妙なタイトルが示しているように思わずにいられません。

ーーーー

セイシュンカタカタ。新しい作品が生まれる瞬間、それは常に振動し、新たな力を生み出しています。そんな、まだ形にならないような、実験的で小さな振動を起こし始めた巨大地震の前触れを予感させるような作品を集めた展覧会です。観客の皆さんの心がカタカタ鳴ってくれることを期待して!

鬼頭健吾

ーーーー

このようなステイトメントを表明された、これからを期待される若手作家たちがどのように受け止め、またこれまでの自分たちの作品をどのように進化させるのか、楽しみでなりません。

是非、この貴重な挑戦をご高覧ください。

(青春画廊代表・林泰彦)

ーーーー

今西真也

1990年 奈良県産まれ

2015年 京都造形芸術大学 芸術研究科芸術専攻 修士課程 ペインティング領域 修了

今西はキャンバスに油絵具を塗り重ね、筆致の跡を力強く残しながら削っていく行為を繰り返し描いていきます。「見えるものと見えないもの」をテーマに、素材とイメージ、視点と距離との関係性を探りながら私たちが共通認識している事柄のあいまいさ不確かさを提示しようとしています。

鬼頭健吾

1977年 愛知県生まれ

2003年 京都市立芸術大学大学院美術研究科絵画専攻修了

フラフープやシャンプーボトル、スカーフなど日常にありふれた既製品を使い、そのカラフルさ、鏡やラメの反射、モーターによる動きなど、回転や循環を取り入れた大規模なインスタレーションや、立体や絵画、写真など多様な表現方法を用いた作品を発表している。主な展示に2018年「六本木アートナイト(メインアーティスト)」国立新美術館、2017年「MULTIPLE STAR 」ハラ ミュージアム アーク現代美術ギャラリーA (群馬)2016年現代ドローイング国際芸術祭「KENGO KITO STRUCTURESBARBARA(ポーランド)など。現在、京都造形芸術大学大学院准教授。

小山しおり

1988年 石川県生まれ

2013年 東京造形大学美術学科絵画卒業

2017 京都造形芸術大学 芸術研究科芸術専攻 修士課程 ペインティング領域 修了

インターネットという巨大なデータベースを用い作品を作っている。それは現れるイメージが大事なのではなく、そこからくる物質としての昇華が大事であり、それこそが真に意味を持つのではないかと考えている。

松村咲希

1993年 長野県生まれ

2017年 京都造形芸術大学 芸術研究科芸術専攻 修士課程 ペインティング領域 修了

ペインティング、シルクスクリーン、ステンシルなどの複数の技法によって描かれ、グラフィカルな画面構成が特徴の抽象絵画。

作品の中でサンプリングされた直線、曲線、ドット、ノイズ、絵具のマチエールなどの素材が有機的に作用し、また複数のレイヤーを重ね描くことによって二次元的である平面作品の中にある種の錯覚や歪みのような空間性が生まれる。

見るということや認識についての問いを投げかける。

大和美緒

1990 滋賀県生まれ

2015 京都造形芸術大学 芸術研究科 芸術専攻 修士課程 総合造形領域 修了

この時代に生きるとはどういう事なのだろうか。このシンプルで複雑な疑問に、私の興味が尽きる事はありません。“REPETITION”シリーズでは、身体と感覚をめいっぱい使って無機的なモチーフを何度も繰り返し描き続けます。

ーーーー

【青春画廊とは】

青春画廊とは、美術家ハヤシヤスヒコ(パラモデル)が2016年から運営を開始した現代美術作家を専門に扱うアーティストランの美術画廊である。

本来は美術業界に特化しつつ、日本ではまだまだ一般的ではない現代美術作品を市場に流通させる美術画廊に、宿泊施設、カフェ、食堂、バーなどの機能を付加することによって、美術にまつわる裾野を広げる活動をしている。

ハヤシが生まれた1970年代に、ニューヨークで活躍した現代美術家ゴードン・マッタ=クラークが運営していたアーティストランのレストラン「FOOD」から影響をうけ「青春画廊」の運営を開始。「青春」という言葉はニューヨークのロックバンド、「sonic youth」からの引用であるが、日本の若手作家を世界に発信するという使命を表明するために使用している。

青春画廊千北

千北:〒603-8301 京都市北区紫野北花ノ坊町1、楽只市営団地7棟101

東山:〒605-0848京都市東山区池殿町214番地4

西陣:〒603-8313京都市北区紫野下柏野町7番地27

代表:林泰彦

連絡先:gallerytheyouth@gmail.com

2018.08.31

GuRuRe:(ぐるり)&RADIO MIX KYOTO はじまります!

地域ごみを調査、回収、ひと手間かけることにより素材化し、こどもたちのクリエイティブな遊びと学びに活用するプロジェクト。地域の発見、リユース・リサイクル意識の向上、世代間交流、心豊かな暮らしの在り方を遊びながら学ぶ場を実験的につくります。

GuRuRe:(ぐるり)スタジオ オープンDAY
◎毎月 第1土曜、第3土曜の13:00-18:00
 9/1(土)※10:00-18:00、9/15(土)13:00-18:00
 10/6(土)、10/20(土)13:00-18:00
 11/3(土)、11/17(土)13:00-18:00
 12/1(土)、12/15(土)13:00-18:00

*参加費 ドネーション (寄付制)

*平日夜のGuRuRe:(ぐるり)ミーティング 随時HP、FBにてお知らせします。
9月は9/14(金)18:00~ 於:GuRuRe:(ぐるり)スタジオ
テーマは、ぐるりスタジオオープンにあたり。

会場 GuRuRe:(ぐるり)スタジオ
1000KITA(京都市北区紫野北花ノ坊町1 RADIO MIX KYOTO サテライトstudio内)

◆事業者のみなさまへ:廃棄するモノや不要なモノをご提供ください。
◆サポートメンバー募集: 廃棄されるモノの回収、素材化、整理。ワークショップ企画・
運営など、ぐるりをお手伝いするメンバーを募ります。

お問合せ GuRuRe:(ぐるり)プロジェクト
(NPO法人コミュニティラジオ京都 NPO法人こどもアート)
info@asonabi.com
http://asonabi.com/
“ちょっと見方を変えれば、まだまだ活用できる!”

2018.06.17

1000KITA CAFE リニューアルオープンのお知らせ

1000KITACAFEが、ギャラリー併設のレストランとバーに生まれ変わります!
2018年6月から新しく入る店舗は
・青春画廊千北(ギャラリー)
・ブータン料理チャロチャロ(月-土)
・日曜日のBar(日のみ営業)
の3店舗です。どうぞよろしくお願いします!

2018.05.08

1000KITACAFE 一部閉店と改装のお知らせ

これまでご利用いただいてきた、1000KITACAFEの

Node/木野町道具/BOOK STOP A DAY/せんきた工藝店の4店舗が2018年4月をもちまして閉店いたしました。

今後は、ブータン食堂charocharo/日曜日のBar/青春画廊千本北大路が新たに加わって、また賑やかにして参りたいと思ってます。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

2016.03.12

2016.3.26 拡大版!3月のセンキタフェスタを行います

3月のセンキタフェスタは1000KITAの一周年イベントとして、

いつもよりすこし沢山のイベントを用意しています。

詳細はfacebookやHPのイベント欄などでアップして行きます。

ぜひみなさん千本北大路にお越し下さい。

日時:2016年3月26日11時〜5時

 

2015.10.22

11月のセンキタフェスタは11/15(SUN)に開催します

11月15日(日)は1000KITAが、月いちで行う「センキタフェスタ」。

11 月のセンキタフェスタは、わくわく冬支度。

マーケットと、ワークショップと、おいしいものと、冬の楽しみそろえてお待ちしています。

2015.07.09

【センキタフェスタ】出店申し込みは、随時募集しています。

1000KITAでは、月に一度「センキタフェスタ」を開催しています。
センキタフェスタへの出店は、随時募集しています。
要項などは、下記をご覧ください。


「センキタフェスタ」
開催日:毎月1回(詳細は、随時告知)
会場:1000KITA(京都市北区紫野北ノ坊町1)
主催:1000KITA実行委員会

1000KIAT HP → http://1000kita.com/

1000KITA facabookページ → https://www.facebook.com/1000KITA.Kyoto

 

●募集内容:物販、飲食物の販売をおこなう方。ワークショップなど体験プログラム(有料・無料どちらでも可)の実施を希望される方。
●出店料:1,000円/店
●応募方法:メール(info@1000kita.com)もしくは、お問い合わせフォーム(http://1000kita.com/contact)に、「6月のセンキタフェスタ出店希望」とご記入の上、以下の内容をお送りください。

・代表者氏名(フリガナ)
・連絡先メールアドレス
・申込み出店内容
・搬出入車用駐車場の要否

●募集締切日:出店希望開催日の2週間前くらい(開催日が近い場合は、お問い合わせください)

——

【注意事項】

*出店に際し、基本的にテーブル(約450×1,800mm)1台の貸し出し(数に限りがあります)を行います。その他、当日、使用される什器・備品等は出店者様がご用意ください。

*出店スペースは、2,000×1,500mm程度です。場所は1000KITAの軒先テント(ほぼ屋外)と一部室内です。配置につては、全体の出店数や内容により、実行委員会と相談の上、決定をお願いします。

*お車での搬出入をご希望の場合は、事前にお伝えください。ご用意できる駐車場に限りがありますので、ご協力お願いいたします。

*出店内容に特に制限はございませんが、1000KITAとの親和性や趣旨などを考慮の上、お申込み内容をご確認させていただきます。

—–
ご興味ある方は、是非お問い合わせ、お申し込みください。